2017年01月02日

美味しいスパゲティを作ったけど、信じて貰えなかったハナシ。

友人に信じてもらえなかったハナシ。


一人暮らしの時、スパゲティでも食べようと思った。

鷹の爪(輪切り)を少し、フライパンに入れて多めのオリーブオイル。
冷蔵庫から、ニンニクを取り出し2片程刻む。フライパンへ。

ニンニクと鷹の爪を、焦がさないようにIHの弱火でジックリと温める。
匂いが立ったら、IHから降ろす。

IHの上に、今度は鍋を置き、お湯を沸かす。
コンロが一口しかないので、こういう時に面倒だ。

お湯が沸いたら塩を一つまみ。それから半分に折ったスパゲティを投入。
大きな鍋がない場合、スパゲティは半分に折ってから茹でるのお勧め。


タイマーを1分短めにかけて混ぜながら茹でる。


茹で上がったら、湯きり。
シンクに熱湯を流すのは危険なので、水をじゃあじゃあ流しながら
ざるに空け、お湯を捨てる。

スパゲティ同士がくっつかない様にオリーブオイルを絡めて鍋に戻す。
使い終わったザルは温かいうちに洗っておく。

ミートソースを温めるのは、フライパンで充分。
レトルトパックを開封し、フライパンに開けようとしたら、フライパンが
油でギトギトに汚れている。

多めの中性洗剤をつけて洗って、スパゲティとミートソースをフライパンで
温めながら絡める。

とても、美味しかったのだけど、友人は信じてくれない。

何故だろう。


ラベル:長文 ネタ
posted by yukihiro at 16:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。