2014年05月18日

OS入替後の起動方法の選択肢

▼△OS入れ替えの選択肢
OSを入れ替える前に、再生方法を考える
▽A,ウィンドウズの入れ替え
 ・ウィンドウズ7や、8.1などに入れ替える考え方。
 ・他のサイトでも詳しく扱っているので割愛。
 ・つか、OS買う金あるなら、新しいPCを買った方がいい。
 ・ヤフオクでライセンス買うのもいいかも。

▽B,デュアルブート(XPと他のOSを選択して起動する方式)
 ・XPを残したまま、別のOSをインストールする。
 ・win7/win8.1とかをインストールする。
 ・インストールに失敗して、XP環境を消してしまうと地味に痛い。
 ・PUPPYをexe形式でインストールするのが失敗なくておすすめ。
   →PuppyLinux日本語版Windows EXE インストーラー
   ※ただし、圧縮ドライブ(フォルダの文字が青かったりする)だと起動しない。
 ・起動時に毎回OSを選択する必要があり、地味に面倒。
 
▽C,LiveCDから起動(CD/USBから起動させる)
 ・USBメモリなどにLINUXをインストールして運用。
 ・CDやUSBを挿入してからPCを起動させる。
 ・若干動作が重くなる。
 ・とりあえずの動作検証や、慣れるまではこれでもいい。
 ・でもPUPPYのexeインストールの方が簡単。

   
▽D,LINUXへ完全移行
 ・この際、マイクロソフトから解放されたい人向け
 ・B,Cで運用をしてみて、XPを全然使わなかった人は考えてもいい。
 ・起動は早くなるが、動かなくなる可能性もはらむ。







目次へ
WinXP代替OSの選定へ


ラベル:Linux WinXP
posted by yukihiro at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。