2015年05月20日

便意予測(D Free)

D Freeというウェアラブル端末が開発中である。
ウンコが出る事を10分前に教えてくれる、画期的なアイテムだ。
排便予知端末とでも呼べばいいのか。


詳しいことはよくわからないけど、端末をお腹に装着すると超音波で腸内の動きを分析して
排便予兆をキャッチし、ブルートゥース経由でスマホに通知してくれるらしい。


これがあれば、あんな時や、こんな時も困らずに済んだのに、、、。



しかしだな。
未だ開発中であり、発売はされていない。つまり、手に入らない。
だいたい、そんな適当な端末に検知できるくらいなら、自己検知できるんじゃないか。
そう思って、お腹の調子に注意してみることにした。


結論から言うと、検知は可能である。


いままで、明確にアラームとして考えていなかったために、多少お腹痛いくらいなら
無視、許容して出かけていたのだが、気を付けてみると、これがいかに危険なことかわかる。


実際、10分後に出るようなそぶりは、自己検知可能なのだ。
ただ、その10分を20分まで我慢しよう(できる)と、無駄に努力をするから大変な苦労をするのだ。


なんで、自分の予定よりも便意を優先させるように、行動を変更してみた。
体調を図るようにして見ると、大体20分後アラームまでは検知できることが分かったのだが、
20分後に便意を感じると予測できるという事は、現時点では便意を感じていないのだ。

つまり、今すぐ出かける必要があっても、20分アラームを検知したら、そこから便意を感じて、
かつ排出するまでにどうしたって、15分はかかる。

したところ、、、、
会社に遅刻気味です。


ラベル:ネタ 長文
posted by yukihiro at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。