2014年12月27日

Android Tabletで、遠隔フォトフレーム

田舎の父のために、余ったアンドロイドタブレットでフォトフレームを作ろうと思う。
基本的にセットアップ後は面倒な手順を経ずに写真の追加などが出来ると便利。


■ 要求事項
・メール添付で簡単に写真を追加できる。(SBTのPhotoVisionみたいにね)
・たまに、写真整理もする。遠隔でも。


■ 使用サービスなど
<ハードウェア>
・アンドロイドタブレット
<ウェブサービス>
・グーグルアカウント
・ifttt
<アンドロイド アプリ>
・Autosync for Google Drive
・Photo Slides (Photo Frame) Pro(有料版\250位)


■ 概要
▽メール添付対応
・Gmailのエイリアス機能を利用して、エイリアスアドレス宛のメールに写真を添付する。
・エイリアス宛に届いたメールに対し、フィルタでメールタグを挿入
・iftttでタグを確認したらGoogleDriveへ保管するように設定
▽遠隔写真管理
・GoogleDrive保管先のフォルダへ共有設定を実施し、遠隔可能にする。
▽フォトフレーム機能
・『Autosync for Google Drive』を使用して、ファイルを端末内に保管する。
・『Photo Slides (Photo Frame) Pro』を使用して、フォトフレームを表示。
 また、同アプリの機能を利用して保管ファイルの再読み込みを実施する。



■ セットアップ(PCでの作業が楽)
A、タブレット用Gmailセットアップ (フィルタとラベルのセットアップ)
 1、アカウントを作成する。
 2、歯車マークより設定をクリック
   [フィルタ]タブの中の「新しいフィルタを作成」をクリック
   to:にエイリアス『○○+scr@gmail.com』を指定。
    →詳細は※1参照。
   「この検索条件でフィルタを作成」をクリック
   ■ラベルを付ける[新しいラベル]→[SCR]を新規作成 ※2
   「フィルタを作成」をクリックする


B、タブレット用Google Drive設定
 1、GoogleDriveを開く。
 2、マイドライブ内に[新規作成]で、フォルダを作成する。
   名称は、分かりやすいものをアルファベットで作成(grandpa-scr等)
 3、作成したフォルダを右クリックし、[共有]
   Gmailアドレスを使って自己と共有させます。


C、IFTTTの設定 
1、IFTTTでアカウントを作成します。(https://ifttt.com
2、[Create a Recipe]をクリック
3、[this]をクリックし、Gmailを選択。Activeにする。
4、[New email in inbox labeled]を選択する。
  [SCR]を入力し、[Create Trigger]
5、[that]をクリックし、[Google Drive]をクリック
  [Upload file from URL]をクリックする。
  Drive folder pathに、Bで設定した文字列(grandpa-scr等)を設定する。
6、[Create Action]、[Create a Recipe]と進む。
7、完成。指定したラベルのメールが来れば、ファイルが保管されるはず。


D、アプリのインストール
▽タブレットのセットアップ (AでセットアップしたGメールでセットアップする)
▽Autosync for Google Drive
▽Photo Slides (Photo Frame) Pro(有料版\250位)
▽クラウド・フォトフレームEX
https://play.google.com/store/apps/details?id=aoki.taka.slideshowEX&hl=ja

※フォトフレームは好きな方を使用してください。
 クラウドフォトフレームは無料ですし、機能も豊富なのでお勧めです。
 あたしは見た目が嫌いなので、Photo Slidesを使用しています。


※1
グーグルのメールアドレスには『ユーザー名+任意の文字列』でも受信できる機能がある。
http://www.ajaxtower.jp/gmail/sent/index18.html
つまり『hogehoge@gmail.com』には、以下のアドレスでも同様に届きます。
『hogehoge+1234@gmail.com』
『hogehoge+abcd@gmail.com』
この機能を利用して、今回は『hogehoge+scr@gmail.com』を例とします。


※2
ラベル名は何でもよい。今回は例としてSCRとする。
受信も面倒くさいので「自分は受信トレイをスキップ」させている。







posted by yukihiro at 04:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

遠隔フォトフレーム

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/ androidタブレットを使用して、
_/_/ 遠隔地のフォトフレームを管理できないか調査してみた。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■要望
・実家にフォトフレームを設置、外部から管理できるようにする。
・兄弟はすべてITに詳しい訳ではないので、メール添付などの方法で
 フォトフレームに反映させるようにしたい。(SBTのフォトビジョンね)

■思考実験
◇必要機能の分解
 ア、メールのアタッチメントファイル(写真)を、自動的に分解。
 イ、分解されたファイル(写真)を自動的に保存。
 ウ、保存された写真をフォトフレームに自動的に反映。
 エ、不要なファイルを外部から操作して削除。
◇展望
・IFTTTHを使用して『メール受信→ファイル分解→保存』
 →面倒くさい。電池への影響がちょっとありそう。
・Dropboxを使用すれば、うまくいきそうな気がする。
・Dropboxの共有機能を使用して、ファイル管理を実現。
・Send To Dropboxサービスを使用すれば、メール添付ファイルの自動保存も可能。
・DropBoxのメール添付保存フォルダを共有して、やれば管理も可能。
・当該ファイルをタブレットに同期させ、フォトフレームが変更ファイルを
 自動的に読み込むようにできれば、要求の実現が可能。

■結論
結論から言うと、いろいろな制約があることがわかった。
・メール添付写真を自動反映させると、送信済みファイルの管理が出来ない。
・ファイルの管理を優先させると、メール添付写真の自動反映が出来ない。


■手順
使いたいレシピは以下

▽必要物品
・アンドロイドタブレット
・1500円位のグーグルウェブマネー
<ウェブ サービス>
・DropBox
  ※インターネット上のクラウドドライブ
   ファイルを無料で保管してくれる。
   PCと接続させると便利。
   ※ここから登録すると、500MBの容量ボーナス
   →https://db.tt/8Mdo27Q5
・Send to Dropbox
  ※メール経由でdropboxへファイルを保管してくれるWEBサービス
<アンドロイド アプリ>
・DropBox 読み出し、Android上での管理用。なくてもいいかも。
・Dropsync(有料/無料)
・Photo Slides (Photo Frame) Pro(有料版\250位)

1、アンドロイドタブレットを実家用アカウントでセットアップする。
2、PC上でDropBoxのアカウント取得。500MB無料ボーナス用のLINKより取得(https://db.tt/8Mdo27Q5)
3、PC上でSend to Dropbox(https://sendtodropbox.com/)よりdropboxへファイル送信するためのメアド取得。
4、PC上でメール添付ファイル保存先のDropbox内フォルダを自己Dropboxアカウントと共有
 →これが出来なかった。遠隔管理が難しくなってしまった。
 ※アプリで作成したDropBoxフォルダは、共有できないようだ。
5、Androidタブレットにアプリをインストール
 ・DropBox ※本家のアプリ。なくても良いかも知れない。
 ・Dropsync(有料/無料) ※複数にまたがるフォルダを使用したいのなら有料版
 ・PhotoSlide(有料版) ※有料版じゃないと、ファイルの更新が面倒くさい。
6、DropBoxアプリの設定。
 →作成したIDとパスワードを入れる。
7、DropSyncの設定。
 →1,メニューから設定を開く。
  2,同期済みフォルダをタップ
  3,ローカルフォルダ選択。適当に新規作成する。
   デフォルト直下に、好きな名前(d-box)ででも作ってやればOK。
  4,Dropboxフォルダの選択。アプリで作られたフォルダを選択
   <アプリ/Attachments>
  5,フォルダペアを選択
   おすすめは『ミラーのダウンロード』
  6,内容を確認してOK
  7,戻るボタンから設定に戻り、後の設定はご自由に。
8、Photo Slides (Photo Frame) Proの設定。
  1,起動したら左下のアイコンをタップ。なかったら、画面触ると出てくる。
  2,Optionsをタップ。
    Slide display duration→写真の切替秒数を数字で指定。
    Slideshow order > Slideshow order を変更
    On?screen Clockを好きにいじる
    schedule設定が必要だったらいじる。
    Dock detection(充電されたら)を好きにいじる。
    下に行ってSynchronize modeをNever以外にする。
     →Proじゃないと無い設定。
    戻るボタンからスライドショーへ戻る。
  3,上記のようにメニューを起動し、Explorerをタップ。
   DropSyncで設定したフォルダにチェックボックスを入れる。
   更新アイコンを押してから、右下のアイコンから再生させる。
■■ 完成!!!!


・新しいファイルを入れるには、Send to Dropbox(https://sendtodropbox.com/)で
 取得したメールアドレス宛にファイルを送信してあげれば追加される。
・ファイルの削除は、、、どうすればいいんでしょね。
  ぶっちゃけ新規Dropboxアカウントじゃなくて、自分のDropbox内に見に来させれば
  何の問題もなく設定完了なのよね、、、。





ラベル:android 遠隔操作
posted by yukihiro at 04:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。