2014年04月14日

Windows8.1(win8)で、スタートアップを手動で設定する方法

Windowsのランチャー形式のスタートメニューが消えて困っている人も多いと思う。

スタートアップ フォルダが使えない事もスタートメニューが消えて困っている事の一つだと思う。
スタートアップフォルダを見つけたので、その場所についてメモ。
※スタートアップ フォルダとは、Windowsのログイン時に読み込まれる場所。
 起動すると必ず使うプログラムなどは、ここに起動用のショートカットを入れておけば
 自動的に起動してくれて便利なんです。

▽ユーザ毎のスタートアップ
C:\Users\"ユーザ名"\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
ログインユーザ毎のスタートアップ。
ログインしている人だけで必要な場合は、コッチに登録すればいい。

▽新規ユーザのためのスタートアップ
C:\Users\Default\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo
そのPCのユーザ新規作成時にコピーされるコピー元のスタートアップ。
すべてのユーザへ配布したいとかの時に便利。

▽すべてのユーザで共通に使用するスタートアップ
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp
ログインユーザすべてで必要な場合、もしくは上記で動作がうまくいかない場合は
コッチに登録すると動く場合が多いです。(要管理者権限)


ちなみに、右クリック「送る」メニューの場所
C:\Users\"ユーザ名"\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo



Microsoft Windows 8.1



できるWindows 8.1 (できるシリーズ)




ラベル:memo Win8
posted by yukihiro at 19:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。