2013年11月22日

いい夫婦の日

僕は妻との、ほんの些細な諍いに、デジャブを覚えた。
既視感によると、この些細な感情のすれ違いは大喧嘩に発展するはずだ。
まぁ諍いというかは、僕が感情を露わにしてしまっただけで、僕が悪い
わけなんだけれど。
それが故に大喧嘩に発展させたくなかった。

僕は、妻が玄関のクリスマスのリースを飾ることを楽しみにしていること。
ディズニーランドでクソ高いリースの購入を拒否したことを思い出し、
100円ショップでリースの材料を買ってくることを思いたった。

妻に30分位外出する旨を伝え、僕は西葛西サニーモールへ出発した。





自転車に乗り、颯爽と、、、、空気が抜けてやがる。
20m先のコンビニに電動空気入れが、、、、無くなってやがる。
いきなり出鼻をくじかれる。

すでに10分が経過している。
僕はこのまま家に帰ってしまおうかとも考えたが、自分の中の
モヤモヤが晴れていなかった。情けない。

自宅を通り越して自転車屋で空気入れを借りて、やっとこさ出発。

100円ショップで軽く見て廻る。
ふと、大きな輪と小さな輪を組み合わせれば嫁の好きなミッキーに
見えるんじゃないかとたくらんで、適当に見繕った。

帰路、駅下を覗いてみる。


花屋にポスターが貼ってあった。
11月22日は『いい(11)夫婦(22)の日』


そんな日に、何をやってるんだ、俺は。
軽く後悔しながら、反省して花を買うことにした。


花屋の軒先に、何本かづつの花が、無造作に売られている。
こいつらを幾つか見繕って、花束にしてもらおう。

そう思ったが、どうやら花束にしてもらうには店の奥にある
ガラスケース内の花じゃないとやってもらえないらしい。

とはいえ、いいオッサンがガラスケースの前まで行くのは
場違い的な雰囲気で厳しい。
ドラクエの毒の沼地を歩いてる気分で体力を削りながら
ガラスケース前に到着。
その中には、、、値段の書いてない花がたくさんあった。

まるで寿司屋だ。一見さんお断りみたい。


店外へ逃げ出し、既に作られている花束を探すが、、、、
寄せ植えしかない。しかもサボテン付き。
今の僕にピッタリ。って、アカン。

仕方が無いので、店頭においてある赤とオレンジのバラ。
カスミ草を適当に買って帰った。



家に帰り着くと、予想通り嫁は寝ていた。
息子の寝かしつけで、息子に寝かされたようだ。

キッチンバサミを使って、花の長さを揃えてブーケ上に
組み立てなおす。音を立てないように。

ナカナカうまくできた。
花瓶が無かったので、風呂場の手桶に入れておいた。


嫁が起きてくるまでに、ミッキーマウス型のリースも
作らなくてはならないので、忙しい。
→全然、予想と違ったので、速攻で諦めた。


嫁が起きて来た。
僕は、照れ隠しに爽やかな笑顔でもって、嫁に花束(自作)を
プレゼントした。









バラと思っていた花は、カーネーションだった。
風呂場から運んだ花は、居間までの廊下をびちゃびちゃに濡らし、
嫁の仕事を増やした。






ラベル:長文
posted by yukihiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。